スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力保安院への嘆願書案&送り先です



通常記事は一つ↓からになりますのでよろしくお願い致します。
(本日更新しました)



ちゃ・と・み・ラ・ブさんから情報を頂きました。
以下「犬猫救済の輪」さんからの転載です





力の結集を!決定は、原子力保安院です!!
この件、最後のお願いになるかもしれません!

転載歓迎 拡散希望!!


大至急、ご協力をお願いします。

22日正午0時より20キロ圏内が警戒区域となるとの情報です。
圏内に取り残されている動物を救うためには、

最高決定機関である原子力保安院にお願いする以外に方法は残されていないと考えます。
全ての力を結集して、原子力保安院に嘆願して下さい。


ご参考のため文章のサンプルを作りました。
ご自由に全体、部分をお使い下さい。
ひとり、ひとりが保安院にお願いすることで、

あの子たちの命をお救いください。
御急ぎ下さい。
(特にお願い1)の内容は大切です)

原子力安全・保安院へのメールはこちらから
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html


(当会作成文例)

20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

1)20キロ圏内での愛護団体、ボランテイアの活動の継続
徘徊犬猫その他愛玩動物の保護捕獲は私達の様な動物ボランティアでなければ成し遂げられません。
経験と技術が無ければ救助は困難です。

私達は自己責任で活動しており、この区域で活動したことによって将来、

健康上の問題が発生してもいかなる苦情、要求を行うことはありません。

圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等いかなる条件にも従います。

動物ボランティアが活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、引き続き20キロ圏内で活動を続けられますようお取り計らい下さい。


2)飼い主自身によるペット救出
ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。

遠方避難等で飼い主自身が赴けない場合、

愛護団体等が代行できるようお願いいたします。






被災地動物情報のブログさんのお言葉です。↓


あと1日、でもあと1日あります。3日、国の支援が受けれれば救える動物の数も増えます。実際に原発に出入りしている人がいるのです。

立ち入り禁止後も政府の許可と支援があれば、短時間でも動物救済を続けることも出来ます。
国が支援してくれれば、人員と言わずとも、防護服や捕獲に必要な道具や車や場所を提供してくれれば、避難区域でも安全性を高めて迅速に動物救済活動が勧めることが出来ます。

たとえ20キロ圏内が立ち入り禁止になっても政府への要望と、世間に向け動物事情の発信を続けていけば動物救済の道が開ける可能性は必ずあります。

絶対に諦めないで、引き続き後方支援を続けたいと思います。


以上。



私も早速メールしました。
もう本当に時間がありません。
どうかご協力よろしくお願い致しますm(__)m


にゃんず紹介
クー太
2009年8月1日家族に
きなこ
2009年8月11日家族に
シロピー
2009年4月7日他界
チースケ
2004年10月20日他界
バナー
バナー 4nixyannbana-.jpg
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
SHOP
猫のふく村さん
縺オ縺乗搗縺輔s_convert_20100903210629

最新コメント
A Letter from チースケ
チースケ
Birthday Card
きなちゃん
Second Birthday Card
繧ッ繝シ螟ェ縲?繧ォ繝シ繝雲convert_20100814192556
Birthday Card
クー太 バースディ
Birthday Card
縺阪↑縺薙ヰ繝シ繧ケ繝・ぅ繧ォ繝シ繝会シ胆convert_20110414084736
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。